スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「未発表作品」8.カラオケにて

8.カラオケにて

(とあるカラオケ店にて。)


誠人>久々だねぇ^^

建>でしょ、タイミングがなかなか合わなくて!

翔太>そうそうっ!

誠人>ふんふん・・・

(すると。)

有美>久しぶりっ^^

誠人>あっ有美ぃ!^^

建>今日は有美も空いてるって~

有美>そうだよ♪

翔太>久々でしょ!

誠人>そ、そうだねぇ^^

(誠人もなにやら嬉しそう。
そして少しの間話していたのだが、
何を思ったか翔太が電気を消してしまう^^;)

誠人>??

有美>(小さな声で)誠人・・・

誠人>・・・?

(すると有美が誠人の太ももの上に乗っかってくるのだ。)

誠人>!!

(しかし・・・幸いに相手の方もよく見えないくらいの暗さ。
誠人も思わず、有美に寄り添うのだ。

誠人が手をゴソゴソ動かしたりと、
何やら、かなりアヤシイ感じになっている2人だが・・・)


誠人>(いけない・・・!!)

有美>(・・・ゴメン・・・)

(すると。
少しバツが悪かったのか有美が外に。

だがなかなか戻ってこない。)


誠人>有美遅いなぁー?

建>だねぇ・・・

翔太>電話かけてみるか^^;

(すると・・・)

誠人>!

(なぜか誠人は机の下で顔を横にして、携帯を耳に当てている。)

有美>はぁー?アンタが見たのホントに私?
確かに行くけどさ、10分くらいまだかかるよ?!

誠人>何ソレー!
さっきまでオレに・・・

有美>知らんー・・・

(真っ青になっている誠人・・・
とりあえず電話を切り・・・)

誠人>さっきまで有美さんいたよねぇー?

建>うん!

翔太>何かあったの?

誠人>まだ有美さん、10分くらいかかるとこにいるんだって!

建・翔太>!!



(さて、あれは何だったのか・・・)

続きを読む

スポンサーサイト

「未発表作品」7.誠人と蓮



7.誠人と蓮

(東京の蓮くんの家にて。)

誠人>へぇー^^やっぱ渋一ともなれば大変やねぇー♪

蓮>そうっすよー、オレの周りの女は・・・

翔太>そんなこと言ってる・・・^^

蓮>コラっ(頭を小突く。)

(そしてしばらく談笑している。)

蓮>・・・んっ?

(蓮が外の気配に気づく。
気にしないようにしつつも、庭の向こうから見える女の子に
注意を払う。)

蓮>・・・

翔太>兄ちゃんっ・・・?

誠人>大丈夫大丈夫っ^^;

(といいつつも、誠人もいくらか不安そう。
そのうちに見えなくなった女の子が、
家の中に入ってきた気配がする。

どうやら蓮に関係のある何かの関係者なようだ。
先陣を切って確かめに行く蓮。

2人は後ろから見る。
しかし、玄関の廊下には誰もいない。

蓮が2階へ向かう。
自分は玄関まで歩く。
そして靴をはいて、そっと音をたてずに外へ。
待ち伏せだ・・・。)

誠人>・・・ここに来るはずだ・・・。

(すると数分後にドタドタ音が聴こえてきた。)

誠人>来た・・・!!

(扉が開く。
予想した通りに女の子が走り出てくる。後ろから蓮が追いかけている。
その女の子に誠人が一発、左ストレートを食らわせようとする。)

誠人>わっ!

(女の子に手をつかまれる。
その時顔をはっきりと見る。
なんとそれは誠人の元カノだったのである・・・。)

誠人>!!

(振り払う女の子。
取り逃して悔しがる蓮。
家から右へ行く道にはなぜか柵がおかれ進めないが、
女の子は迷わず左の道をすばやく逃げて行った。)

誠人>んー...逃がしたかぁ・・・

蓮>くっそ!!
・・・翔太、ケガはなかったか?

翔太>うん、それより兄ちゃんたちは・・・

蓮>オレは大丈夫^^誠人アニキは?

誠人>オレも大丈夫だよ^^

(家に入る時なぜか誠人は靴を玄関に置かず持って入る。
また入ってくることを警戒しているのだ。)

(しばらくして再び女の子らしき姿が。
しかし向かいの家から家族も出てきて、女の子もその家の子だと分かる。
さて、その女の子の正体は何だったのか・・・)

続きを読む

「未発表作品」6.お化け屋敷にて・後編


6.お化け屋敷にて・後編

(走り出したユリマリと誠人。
いつの間にか美紀てぃたちと別のルートに来てしまっていた。
お化けが出てくるのに騒ぎつつも、なんとか出口まで近づいていた。)

誠人>(もう出口だろっ・・・?)

真莉恵>ちょっとおしの兄ちゃん、びびりすぎ!!

友里>怖がってちゃダメじゃないですか^^

真莉恵>それじゃ莉奈姉ちゃん守れんわ(^^ゞやーれやれ!

友里>莉奈センパイ、もっとカッコよくて、イケメンな人好きになるかもしれないですね!
ねっセンパイっ^^

誠人>(さすがにムッ、とした感じ。)
(コイツらぁ・・・仕方ない。演技でこらしめてやるか・・・)

真莉恵>あ、そっち出口じゃない?

友里>だね!!よかったぁ^^

(誠人が近づいて扉を持つ。)

誠人>ありゃ、開かないねぇ・・・

真莉恵>マジぃ?ちょっと貸してよ!!

(それでも開かない。)

誠人>むー・・・じゃ美紀てぃ達のルートが正しかったんだ。戻ろう(^^ゞ
・・・うわぁぁユリマリっ、横!!

(二人はよく見ずにもう走り出す。)

ユリマリ>いやぁぁぁぁ!!!

(誠人は走り出すふりをしてすぐに止まり、開かなかった扉から難なく出るのである・・・)

誠人>(バカめ~^^うまくひっかかった♪)

(誠人が開かない動作をして、真莉恵が扉を引く時は足でおさえていたのだ(^^ゞ
いきなり騒いで、二人を驚かせ・・・
そして出ていた美紀てぃと合流するのである。)

美紀>あれ、友里とマリちゃんは?

誠人>さぁ~・・・

猛>??

(その頃2人はもう一度引き返し、美紀てぃたちの出た出口を探していた・・・
少しして出てきたのである。)

友里>うわぁぁん><

真莉恵>友里ちゃんっ(^^ゞちょっとおしの兄ちゃん~!

誠人>ユリマリがなんかナマイキ言うからですー!!

真莉恵>そんなんいつものことじゃん~

美紀>コラコラ2人とも(^^ゞ

(取っ組み合いにならんばかりの勢いだったのである・・・
たまには、誠人もユリマリにお返しするのであった(^^ゞ)



続きを読む

「未発表作品」 5.お化け屋敷にて・前編

5.お化け屋敷にて・前編

(夏休み、8月最後の日曜日。
誠人と猛、ユリマリ、そして美紀てぃで広島・基町クレドのお化け屋敷へ。)

誠人>なんでこのメンバーでっ><

真莉恵>兄ちゃんが誘ってあげたらって^^

誠人>建っ~(^^ゞ

友里>誠人センパイと一緒...やばいですね美紀てぃセンパイ!

美紀>うんっ^^一番怖がりかもよ!誠人♪

猛>(お化け、ねぇ...)

真莉恵>何ボーっとしとるんよタケル君!!

猛>そいえばあのいなくなった愛ちゃん・・・

真莉恵>帰省が済んで帰った人のこといつまでも言うなー(^^ゞ

美紀>さてさて入るよ^^

(真莉恵は美紀てぃに誘いをかけてみたのだ。
同じ時に友里も美紀てぃに偶然誘いをかけていた。
結果、男性陣に聞いて回って...誠人と猛が来ることになったのだ!
中に入る一同。ユリマリはもうすでに美紀てぃにくっついていた。)

友里>(目をつむっている)美紀てぃセンパイっ><

美紀>友里ぃ(^^ゞマリちゃんも・・・

猛>自分ら誰にくっついたらいいん?

誠人>美紀てぃに・・・

美紀>男どもは勘弁してよっ~・・・

猛>美紀てぃ大きいし・・・うげっ!!

美紀>ちょっと後で殴られたいか、それとも少し前を歩くの、どっちがいい?

猛>・・・前でいいです・・・(^^ゞ

(そして猛が前を歩くことに。すると角を曲がってすぐに・・・)

猛>・・・うぎゃああ!!

(あわてて戻ってくる猛。その時美紀てぃに・・・)

美紀>イヤ!Hっ!!

(美紀てぃの胸に運悪く(??)猛の手が当たってしまったのだ・・・
出てきた白装束のお化けも、一瞬怯んでしまった(^^ゞ)

ユリマリ>それよりお化けぇぇ!!!

(猛と美紀てぃを置いて、ユリマリに引っ張られて誠人も走り出してしまった!)

続きを読む

「未発表作品」 4.鯉ゆめ的"七夕伝説"

4.鯉ゆめ的"七夕伝説"

"あるところにめぐちゃんというかわいい女の子がいました。
彼女はカープスという野球チームにいます。
そしてめぐちゃんはいつもヒットを打ってくれています。

一方、建という男の子がいました。彼はとってもイケメンです。
彼はいつも必死にボールを追ってファインプレーでチームを救っていました。

二人はどんどんひかれ合って、建はめぐちゃんに結婚すると誓い合いました。
カープスの監督である誠人も認めました。

結ばれた二人でしたが、その後めぐちゃんはヒットを打たなくなり、
建はボールを昔ほど追わなくなりました。
だから誠人監督は怒って、建を監督の家へ、めぐちゃんを実家に戻らせてしまいました。
それは、ちょうど天野川を挟んでいました。でも橋がないので遠いのでした。

しかし、年一度、7月7日だけ誠人は会うことを許してくれました。
兄ちゃんがかわいそうなので、許してくれた誠人がわざわざボートを漕いで、
めぐちゃんを運んであげるのでした!!
でも雨が降って水かさが増えると誠人は面倒くさがってボートを出さないのでした。

なのでめぐちゃんは渡る事ができずに建と二人になれないのでした。
この日に降った雨のことを"催涙雨"と言います。
それはめぐちゃんと建が「会えないっ~」と涙を流すからなのでした。"

真莉恵>めでたしめでたし~♪

誠人>うん、マリさんにしてはうまく作ったな!

建>何でオレらで話作るんだよっ(^^ゞ

めぐみ>何ソレ~、ってかなんでおしのに決められるんっ><

(保育実習で使うたなばたの笹を持っためぐみが、
困った顔をしていた。
そんな七夕の夜。みんなで建の家のベランダから天の川を見るのであった...)



続きを読む

プロフィール

カゼコイ

Author:カゼコイ
新たにFCブログにて始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。