スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「To a dear senior」1-10.別人

「To a dear senior」

第1章「梨沙子の誕生物語」

10.別人

(梨沙子が片膝をついて小夜子を見る。
小夜子との距離、2メートルほどか。)

梨沙子>ど、どう?
ウチ、前と違うでしょ?

小夜子>そうだな^^
確かに強くなったさ・・・。

だからってこれで納得する話でもないよな?

梨沙子>それはな。

小夜子>びっくりしたぜ、ちょっと前に何も出来なかったやつが!

梨沙子>今のウチはあの時とは別人だ!!

小夜子>なっ・・・!!


(梨沙子の左ストレートが小夜子の顔面に入る。
そして梨沙子が地面すれすれの回し蹴りを放つ。
小夜子が倒れる。)

梨沙子>ふふん!
細いとかウチ思われてるけど、かなり筋肉質なんだよ!
女の子らしくしたいけどな?

小夜子>くっ・・・

梨沙子>どーお?

小夜子>・・・

梨沙子>ウチが一高で一番でいいんじゃない?

(小夜子を見下ろす。
梨沙子は本当に長い脚だ・・・)

梨沙子>さ、これで勝負は・・・

小夜子>お、オマエ・・・

梨沙子>どうすんだ?

(そして一歩下がり、後ろに行こうとするが・・。
その時小夜子が両足をつかむ。)

梨沙子>イヤぁ!!

(倒されまいと必死にふんばるも・・・)

梨沙子>あああっ!!

(小夜子がさらに力をこめ、
梨沙子が今度は倒れる。)

梨沙子>おうっ!!!痛った・・・

小夜子>私をナメんなっ!!

(小夜子が立ち上がり、形勢は逆転した。)

補足:さてピンチとなります。
小夜子に対して優位かと思われましたが、
その後は・・・。

スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カゼコイさん、こんばんは^^
更新、お疲れ様です。

今回、読んでいて、ふと思ったのですが
小夜子はある意味、梨沙子の実力を見極めた上で
一高トップの座を次世代に譲ろうと考えているのではないでしょうか?
後継者選びではないですが、二人の冒頭の会話を聞いていて
ふとそう思った次第です。
逆転につぐ逆転で攻守めまぐるしく変化するこの戦い。
その行方に注目しています。

No title

どうも、今晩はです。

そう考えられますか!
あまり一高ではトップとかの話がありませんでしたからねー。
シャア編ではさやかと争ったくらいで、
梨沙子を中心とするシャアが君臨しておりましたので!(いい意味で^^)

さてこの戦いはどのようになるか
お楽しみにです~。


P.S.
昨日のメール届いてましたでしょうか?
今日も送ろうと考えていたのですが・・・^^;
プロフィール

カゼコイ

Author:カゼコイ
新たにFCブログにて始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。