スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広一高 No.6-3 莉奈への告白



No.6-3 莉奈への告白

(さて、この後の授業では。)

莉奈>・・・んー?

(莉奈のプリントをよく見てみると、愛してます、とあった。)

由衣>どうしたっ?

(由衣が後ろを見てみる。)

由衣>!(声を潜めて)告白じゃん?

莉奈>誰よホント・・・

由衣>莉奈のこと好きなヤツがねー^^

美紀>モテモテじゃん?

莉奈>名前くらいかけやー!
それにりなはぁ・・・

愛美>莉奈とかカレシいるもんねー?

莉奈>カレシじゃないです~!仲いいだけで・・・

由衣>ノロケ~^^

莉奈>違うもんー><

知里先生>こらぁ~、静かにしなさいよ~?

莉奈・由衣>はーい・・・

(次の帰りのホームルームの時間前に・・・)

莉奈>ねえタケルー、ここ誰か座ってた?

タケル>英語の前の時間に恵介がいたー!

建>どーしたん?

莉奈>むー^^;何でもない~!!

タケル・建>??

タケル>恵介にホレたのかも^^

建>ああそれもあるかもしれんな~

莉奈>ち、違う~!!!

(ムキになって建とタケルに突っかかるのだ^^;

さて、その後。
高梨先生に呼ばれた恵介。)

恵介>はい?

知里先生>はい?じゃないでしょ^^;
ちゃんと答え書かないとだめじゃないのっ。

恵介>えー自分ちゃんとしたんですけど・・・

(写した、とのことが分かったのかと思ったが、
問題はそこではなかった。)




にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村

補足:さて、シーンは変わります。
莉奈姉さんの所のプリントに落書きがありました・・・

しかも告白ですからねぇ^^;
思わず騒いでしまいます。
知里先生に注意されるほどですので・・・


さて、誰が書いたか探すのですが、
一番あやしい恵介は聞く前に先生の所に連れて行かれておりました・・・
次回もお楽しみにです!


スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カゼコイさん、こんばんは^^
執筆、お疲れ様です。

これは確かに事件ですね。
莉奈姉さんに告白したのは誰なのか?
恵介は確かにこの席に座っていたものの
その後、知里先生に呼ばれています。
では・・・?
意外なオチがあるのかもしれませんね。
次回の展開に期待しています。

No title

今晩は^^
コメントありがとうございます!

恵介が告白したのであるなら、
かなり勇気がいりますよね!
や、普段の莉奈姉さんを見ていると、
なかなか付き合うという勇気がいると思います^^;
そもそも問題を写しているときに、
告白の文を書くのはすごいです・・・

建とタケルも相当イジりたくなったようですが、
ムキになってつっかかります・・・^^;

次回で完結でございます、お楽しみにです^^
プロフィール

カゼコイ

Author:カゼコイ
新たにFCブログにて始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。