スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広一高 No.12-6 理由

No.12-6 理由

(そこにいたのは友里だった。
友里から3年になる前の春休みに告白されたのだ。
このことを知っているのは真莉恵だけだった。)

友里>誠人くんの彼女なんだからさ、
心配しないわけないじゃん?

誠人>まぁね・・・

友里>カレシの悩みは彼女の悩みでもあるんだから・・・

誠人>・・・

友里>もうっ・・・

(誠人に寄り添う。
そこで誠人がわざと友里の(かなり短くしている)ミニスカから出ている
太ももをさわるのだ^^;)

友里>さわってもいいけどちゃんと話してねっ^^

(ポニーテールがぴょこぴょこ揺れている。
早く話して、とせがんでいる^^;)

誠人>ん~・・・
調子が悪いだけだよっ。

友里>うそ言わないで~!!

誠人>ホントだって^^;

(友里のおしりを今度はさわる誠人^^;)

友里>もうっ~!!!

誠人>冗談だよ、
本当は、さ・・・

(誠人がここまであったことを話す。)

友里>むー^^;
誠人くんっ、結構そーいうとこマジメだもんね、
そういう人とは合わないよね~^^;

でもこの前さ、梨沙子先輩と、渋一の真紀先輩と、
建先輩と出かけてたじゃんか?

誠人>あれは建と本当は恵介が行く予定だったのが、
恵介が行けなくなったから仕方なくなぁー・・・

友里>そうだっんだ^^;
まー、でもさっ。
少しずつ仲良くなっていけばさ^^

誠人>まぁ、ね・・・
でもさ考え方が合わないじゃん、だいたいに・・・

友里>決めつけちゃ^^;

誠人>んー・・・

友里>もうっ!
明日は来てねっ。でないと別れるもんっ。

明日はお昼、私のお弁当なんだからねーっ!!

誠人>分かってるよっ^^;



(さて、次の日。
相変わらずカバンに私服をしのばせている誠人だった。)


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村

補足:高校3年の時は友里と付き合っていました。
誠人は結構Hなことをしてますが・・・^^;
ただ、この話になるとかなり態度も変わります。

さて、どうなりますか。
友里が早速伝家の宝刀(あまりこういう人はよくないと思いますが)を。
でも、私服を持って行った誠人・・・
次回もお楽しみにです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは^^
遅くなり申し訳ありません^^;

友里が誠人の心情を聞きだし登校するように諭しますが
さてどうなるか? と、いった感じですね。
人それぞれ様々なライフスタイルがあるわけで
それはそれで良いと思うのですが
頑固な誠人には許しがたい領域があるのでしょうね。
明日は行くと語った誠人ですが果たして・・・
次回の展開に期待しています。

No title

今晩は~^^

友里もまた莉奈と同じように、
心底誠人が好きな子ですので、かなり心配ですよね・・・
女の子に弱いからすぐに、という感じですが、
案外と頭が固いのですよね。

妙なところで正義感が強いというか、
(私のイメージも多分に含まれていますが)
キライな人間のすることは何でもキライという所でしょうか。

そんな誠人ですので、どうなるか・・・
お楽しみにです。
プロフィール

カゼコイ

Author:カゼコイ
新たにFCブログにて始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。