スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「To a dear senior」1-14.再びの手当て

「To a dear senior」

第1章「梨沙子の誕生物語」


14.再びの手当て

(5人が梨沙子の所へたどり着いた時・・・。
梨沙子はフェンスに腰かけていた。)

梨沙子>あっ由衣!!しかも誠人たちもっ!?

莉奈>大丈夫っ?

梨沙子>ま、まぁね・・・

誠人>傷だらけだし?

建>勝ったのかよ梨沙子?

梨沙子>(首を横に振る。)
さきにダウンしたのはウチだから・・・

建>そう・・・なのか・・・

ゆかり>ちょっと私たちで手当してあげるから!

由衣>うん、何かあったらと思ってな^^;

梨沙子>ありがと・・・

誠人>てかさー、梨沙子なんで急にギャルになったん?
だんだんミニスカになってるなーって男子話してたけど!

莉奈>変なとこばかり男子は見てるー^^;

梨沙子>目立ちたいからさ!

ゆかり>最初は普通だったのにねー。

梨沙子>入学してそれとか、さすがに^^;

(さて、手当も終わり
梨沙子が家に戻る。今回は莉奈たちを家の近くで帰したのだ。)


綾子>梨沙子!!

久美子>あっ姉ちゃん!?

梨沙子>また負けちゃった・・・

綾子>あの技は使ったの?

梨沙子>うん・・・
んで同じように、小夜子の技も喰らって・・・

(そこまで話して、
戻ってきた安心感からか気を失ってしまう。)

久美子>姉ちゃん!!

綾子>大丈夫・・・
疲れてるだけだから・・・。

(2人が手当てをする。)

久美子>姉ちゃんの美脚が台無しだねぇ・・・。

綾子>そうだねぇ^^;

(足の傷の手当てをしながら話している2人。)

久美子>めっちゃ相手強いんじゃ・・。

綾子>んん・・・。

(そこで梨沙子が目を覚ます。)


補足:さすがに梨沙子も倒れてしまいました・・・。
相当張りつめていたのでしょうね。


年頃の女の子ですが、こうケガしてたら、
と不安になるとこですが、
さすがに綾子は落ち着いてます^^;

と、次回はここまで未登場だったキャラの登場でございます。
お楽しみにです~。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カゼコイさん、こんばんは^^
更新、お疲れ様です。

誠人も莉奈も皆んなあたたかいですね。
梨沙子は友人の前では気丈に振舞っていましたが
家に帰り綾子や久美子に戦況を伝えた後、気を失いましたね。
相当、精神的にも肉体的にも追い詰められてたんでしょうか。
ある意味、相手が逃げ出したぶん、真の勝者は梨沙子だった・・・
そんな感じもするのですがね。
果たしてこの物語がどの様に進行していくのか。
次回の展開に期待しています。

No title

まあさん今晩は^^

そうですねぇー!
仲良くしているメンバーなだけに、優しいですよね^^
ですがやはり梨沙子もかなりダメージを受けていました。
2度倒されたこともショックだったのだと思います。

その分綾子と久美子の存在は大きいですよね。
色々ありつつも見守ってます。
もともと、ドジで傷が絶えないので、そこはもう慣れたものです。

確かに逃げたことは大事なことです。
誰かがジャッジしないといけないのですが、
それはまだ先のことです。数話先に判定が出るというとこです^^
お楽しみにです~。

プロフィール

カゼコイ

Author:カゼコイ
新たにFCブログにて始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。