スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「To a dear senior」 1-22.変わり身

「To a dear senior」

第1章「梨沙子の誕生物語」

22.変わり身

梨沙子>何で?

小夜子>私はもう戦うようなマネはしたくないんだ、
誰であろうと傷つけたりはしたくない・・・

私梨沙子を傷つけたのもメッチャ後悔してるよ。
高校の時はホントばかだった。

なんかカッコつけてね・・・

梨沙子>・・・

小夜子>結局梨沙子を2度ボコって、
それだけだもんね。
怖くなって逃げたし・・・

私はメッチャそのことがハズいんだ、
あげく一高から逃げだした。
周りは気にするなって言っても、
やっぱり裏ではよく思っていないのかもしれねぇじゃん。

転校してからはおとなしくしてたわけだし・・・
もう、戦えないよ・・・。


梨沙子>気にすんなよ♪
ウチは本当に尊敬してるさ。

だから・・・

小夜子>・・・

そのカレシへの未練はないのか?

梨沙子>ねぇよっ!
今はあっても一夜限りの関係・・・だ。
ま、男はどーでもよくて、
今はウチ強くなりたいんだよ!!

小夜子>分かったよ、
それなら付き合ってあげるよ。

でも教えることはないから、
私が客観的に見て弱点とか教えるよ。

梨沙子>構わないよ!
それも大事だから・・・

ウチらの仲間じゃ、どうしても主観が入るから・・・
先輩なら公正だと思うんだよ。

小夜子>私が後輩のためになるんなら・・・
協力するよ^^


(そうして梨沙子と小夜子、
2人で弱点を考えあった。
そしてガストを出た。

それからしばらく特訓を続けた・・・


最後の日、梨沙子が別れ際に見たのは、
小夜子が長い髪をさらりとかきわけるシーンだった・・・

その経験が生き、大学になってからの
美優との2度めの戦いも、
勝利したのであった。)



補足:この特訓があって、梨沙子は美優に2度目の戦いも勝てたということです。
これで第1章は終わりです。2章のスタートはしばしお待ちを・・・。


スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カゼコイさん、こんばんは^^
執筆、お疲れ様です。


今回は梨沙子の弱点を小夜子が見抜きアドバイスしたというところでしょうか?
弱点を克服したことで後に梨沙子は美優をも撃破することが出来たのですね。

第一章が終了ということで一旦、梨沙子の話は終わりになるのでしょうか?
第二章も大いに期待していますね^^

No title

こんばんは~^^

最後はあまり動きのない面白くない終わり方となってしまいました^^;
すみませんっ~・・・

そうですね、外部からの教えも受けたかったようです。
梨沙子の中では育ての先輩ですからね。
これがなければ、一方的に梨沙子も美優にやられていたかもしれません・・・。

第2章でも梨沙子の話です!
ただ、登場するメンバーは一気に増えますよ^^
お楽しみにです!
プロフィール

カゼコイ

Author:カゼコイ
新たにFCブログにて始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。