スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「To a dear senior」1-1.いつも通り

「To a dear senior」

第1章「梨沙子の誕生物語」

1.いつも通り

(高校3年、梅雨の季節。
雨の中梨沙子が向かったのは・・・)

木田梨沙子>(ふー、ウチはここに来るの遠いんだよなぁ・・・。
仕方ないかぁ・・・。)

(すると女の子が2人。)

女の子1>あの・・・一高の梨沙子さんですか?

女の子2>えっホントに?

梨沙子>うん、ウチこそが梨沙子だよ!制服で分かったな^^

女の子2>はい!この前の戦いすごかったですよね、響高との・・・

女の子1>まさに死闘!!

女の子2>ホラ梨沙子さん、まだ傷なおってないじゃない?

(足の擦り傷を指して言う。)

梨沙子>ああ、まぁね!アイツらは強かったから・・・。

(が。
梨沙子のこの言葉はウソだ^^;
戦いの傷は治ったが、その後またコケてケガをしたのだ。
しかしそれでは恰好つかないのでそう言ったのだ・・・)

女の子2>さすがです!

梨沙子>ありがとな^^いつも通りのことをしただけだよ!
・・・すまねぇ、ちょっとウチ用事あって来たんだ、また会ったら声かけてな^^

女の子1,2>はい!

(そして月曜の夜、雨のAガーデン。

DSC_0483.jpg


こんな日は人通りも少ないのだが・・・

何やらギャルが中学生くらいの女の子にカツアゲしようとしているのを
梨沙子が見つけた。)

梨沙子>・・・おい・・・オマエ!

女>!

梨沙子>人としてしていいこととダメなことの区別くらいつけな!

女>う、うるせぇ!・・・!!!
オマエは一高の梨沙子だな!?

梨沙子>そこまで分かってるなら、
ウチのシマでそういうことはしねえことだな!

(しかし女は梨沙子に向かってきて、
飛び蹴りをかまそうとしてきた。

だが梨沙子はすばやい身のこなし、
避けた瞬間左の肘打ちが女の子の背中に命中するのだ。

この一撃で女は雨の路面にたたきつけられたのだ。)

梨沙子>二度とウチの前に現れんな!

(後々、東京に行った梨沙子は、
同じように渋谷第一学園の大西真紀と戦ったが、この時は一人だったのだ。

傘を放り投げて戦ったので、
シャツが濡れて、すけて見える・・・)

梨沙子>気を付けねぇと・・・。
それに1人でこんなとこに来ちゃダメだかんな!

ウチが通りかからなかったらどうなってたか・・・

(「すみません・・・」と中学生くらいの女の子。
怒った顔だった梨沙子も少し表情を緩める。)

梨沙子>気を付けて帰れよ^^

女の子>ありがとう・・・ございます・・・。

(梨沙子がその背中を見届ける。
しゃがんで傘を拾い、立ち上がると・・・)

?>待たせすぎだよ!

(さて、声の主は?)

補足:こちらでは初めまして、
新たな物語のスタートです。執筆者兼管理人のカゼコイです。

以前のブログからずっとそうですが、追記の部分には物語のポイントなどを、
書いていきます^^

この話の舞台は高校3年です。
全体の物語が「To a dear senior」で、その中で第1章「梨沙子の誕生物語」をお送りします。

さて、このAガーデンは先日写真撮りに行ってきました^^;

とにかく、梨沙子はドジなのです・・・。
待ち合わせの人は誰なのか、お楽しみにです。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

物語の館vre2 開設おめでとうございます^^
FC2、良い感じですね。

さっそくリンクを貼っていただき感謝です。
こちらからもリンク貼りましたので確認お願いします。

今回より主役は高校時代の梨沙子になるのですね。
今後の展開に期待しています。

No title

今晩は、まあさん^^

新たな気持ちで頑張ろうと思っております!
もう真っ先にリンクのほうははらせて頂きましたよ~。
新しくなっても、よろしくお願いします。

最初は高校時代の話になります、
後々は今の梨沙子も登場しますよ!

お楽しみにです~。
プロフィール

カゼコイ

Author:カゼコイ
新たにFCブログにて始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。