スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「To a dear senior」2-16.梨沙子を頼るメンバー

「To a dear senior」

第2章「真実は一つ」

16.梨沙子を頼るメンバー

(次の日、早紀と真莉恵、誠人と建が梨沙子にこのことを話すため、
本通りのガストへ。)

梨沙子>ち、ちょっと狭いな誠人っ、建^^;

誠人>仕方ないって~

建>梨沙子が細いから、プラマイゼロだ^^

梨沙子>ちょっと嬉しいこと言うじゃねぇか~

誠人>おだてに弱い^^;

梨沙子何か言ったか?

誠人>いや^^;

梨沙子>ま、いいやそれよりもマリちゃん早紀ちゃん!
何があったか教えてね。

早紀>うん・・・
私とマリちゃんで入れ替わって、女をおびきよせようと・・・。

梨沙子>危なくねそんなの?

早紀>さやかちゃんから教えてもらったの、ある程度の技を。

梨沙子>さやかがね・・・

早紀>もー、仲直りしてよっ^^;

梨沙子>ヤダよー!さやかが謝るまで待つ!

真莉恵>リサ姉ちゃんっ^^;

梨沙子>ま、それはとにかく!
どんな女だったの?

早紀>髪が長くて、サングラスかけてた。

梨沙子>それじゃわかんねぇよな・・・

早紀>だって怖かったんだモン・・・

梨沙子>あ、いやそうだけどな^^;

誠人>とにかくちさ先生を襲ったと同じのに間違いない!

梨沙子>だな、何が目的か分からんけど、
ウチが捕まえちゃるよ!!

真莉恵>お願いねリサ姉ちゃん!!

建>オレらも協力するから・・・。

梨沙子>ああ。

(そして梨沙子と別れる一行。
梨沙子はAガーデンの壁にもたれていた。)

梨沙子>髪の長い女、か・・・
そんなのいっぱいいるんだよな・・・

(そこに女の子がやってくる・・・)


補足:誠人たちは梨沙子と話し合うことにしました。
んで梨沙子はまださやかと言い合ってます^^;
まだ子どもなんですよねぇ・・・2人とも・・・。

そして一人考えていると女の子が。
ここが重要なポイントでございます。
さて次回もお楽しみにです!
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カゼコイさん、こんばんは^^
執筆、お疲れ様です。

どうやら先生を襲った人物と今回のマリエを誘拐しようとした女は同一人物の様ですね。
髪が長くサングラスをかけた女・・・
梨沙子は探し出す事が出来るのでしょうか?
こんな時こそさやかと結束してと言いたいところですが肝心の二人が
あの調子では^^;
早期和解が必要ですね。
そしてラストシーンで現れた女の子・・・
果たしてこの女の子はいったい?
次回の展開に期待しています^^

No title

まあさん今晩は~^^
コメントありがとうございます!


はい!この2つの事件は同じ女です。
やっぱり怖かったので、ちさ先生も早紀も誠人たちも、
なかなか細かいところまで思い出せず・・・
かなり抽象的なものとなってしまいました。

梨沙子もさやかも意地っ張りが災いして、
なかなか一緒にはいないのですが・・・
ですが、近いうちに2人が顔を合わせます。
そして由衣や愛加も協力しなくてはならないのですが・・・。


さて、この女の子こそがこの話のキーを握っています。
お楽しみにです!

プロフィール

カゼコイ

Author:カゼコイ
新たにFCブログにて始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。