スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「To a dear senior」2-36.親愛なる先輩へ


「To a dear senior」

第2章「真実は一つ」


36.親愛なる先輩へ


(梨沙子の家で。)

梨沙子>ありがとう真紀!来てくれてたとはね。

真紀>由衣やさやかからの連絡で・・・梨沙子には内緒の予定だったかんな!

久美子>嬉しすぎたわー!

(前日、梨沙子がさやか、由衣、加奈と会っていた時、
真紀は久美子と買い物に行っていたのだった。)

真紀>楽しかったぜ久美子ちゃん?

久美子>いやぁー♪

小夜子>真紀ちゃん・・・ありがとう。

真紀>真紀は何もしてねぇよ^^

梨沙子>ホントに小夜子が無事でよかったなぁ・・・

小夜子>実際ヤバかったし!

久美子>姉ちゃんよくやった~!!

梨沙子>敵が多いわなホント!

小夜子>まーね、でも梨沙子がいれば安心だ!

真紀>ドジしなければな^^

梨沙子>う、うるさい~><


(大爆笑の3人。
そして小夜子は帰ることに。
そんな時梨沙子は、こっそりと小夜子のカバンに手紙を入れていた。


「親愛なる先輩小夜子へ。

これからもよろしくな^^
ウチはまた東京で真紀の家にいさせてもらうから、
もし何かあったら、
渋谷の真紀の家まで来なよ^^
住所は渋谷区・・・だから!

小夜子も色々また活躍してくれよ。

ウチも負けねぇから、小夜子も負けんなよ!

小夜子の一番の後輩だと信じている梨沙子」

と。)

小夜子>ふふん、私もまた頑張ろうかな^^

(アパートの窓の横で夜風に当たりながら読んでいた小夜子。
そうつぶやいて、窓を閉める。
手紙は小夜子の大事なものが入っている引き出しに入れたのであった。)



「親愛なる先輩へ」
おしまい^^

補足:これは渋一の池袋カーディスのエンディングを意識して、
書かせて頂きました。
小夜子が真紀さんの役ですね。
とはいえ、紙飛行機にして飛ばせるものではないので、
引き出しに入れました。

さて、梨沙子はまた東京へ行きます。

これでシャアの活躍はしばらく後ですね。
早速明日から新作となります。お楽しみに^^
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カゼコイさん、こんばんは^^
第二章完結、お疲れ様でした。

なるほど渋一のオマージュとはこのシーンの事だったのですね^^
親愛なる先輩へのタイトルの時点で、なんとなくわかりましたよ。
ここで梨沙子は真紀のところへ行くことを宣言しましたね。
渋一2での梨沙の活躍にもご期待下さい。
あと今回の作品は小夜子から梨沙が正式に一高を託されたという意味で記念になるシリーズでしたね。
さやか達、シャアメンバーやカープスとの絆の深さも随所に散りばめられた名作だと思います。
次回から始まる新シリーズも期待しています^^

No title

まあさん今晩は~^^
無事ブログ移行してからの1作目、完結致しました!

はい、私もいつかあのようなシーンを書きたいなと思っておりました。
最終話は同じタイトルにすることもいいかな、と思いました~。

この後は再び広島を守るのはさやか、といいたいのですが、
小夜子もしっかり梨沙子の代わりになるようがんばるようです!
加奈もいますしねぇ~。

ここからまた梨沙子が渋一に移動することになりましたねぇ、
楽しみにしております~。
記念碑的なものとなりました。

このくらいの長さの話で、一から作るのは大変でした。
鯉ゆめはノートに書いて完成していたものでしたからね・・・


さて次回は短編集としてもよいくらいです。
梨沙子たちも大事ですが、やっぱり物語の館は誠人と莉奈が出ないと、
つまんないでしょう!と^^
さてお楽しみにです!
プロフィール

カゼコイ

Author:カゼコイ
新たにFCブログにて始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。